グランメゾン東京1話のロケ地はパリ!フランスの三ツ星レストランの場所は?

10月から放送がスタートする日曜劇場「グランメゾン東京」。

9月1日にパリで撮影が行われたシーンを含む第1弾ティザー映像が公開されましたね。

この記事ではドラマ「グランメゾン東京」のロケ地となった本場パリの三ツ星レストランについて紹介していきます。

☆グランメゾン東京の見逃した方はこちら!!
グランメゾン東京の動画1話~10話の無料見逃し配信はこちら

『グランメゾン東京』の放送を記念して、paraviで木村拓哉さん主演のドラマ4作品が配信されることになりました(‘ω’)

 

『Beautiful Life〜ふたりでいた日々〜』(2000年)
『GOOD LUCK!!』(2003年)
『MR.BRAIN』(2009年)
『A LIFE〜愛しき人〜』(2017年)

 

『Beautiful Life〜ふたりでいた日々〜』と『GOOD LUCK!!』はが配信されるのは今回が初です♪

9月15日(日)から期間限定の配信で、いつ配信終了になるのかは私にはわからないので早めに見ておくことをおすすめします!

paraviの30日間無料お試しはこちら

グランメゾン東京の基本情報【見どころ】

「東京グランメゾン」は、主人公・尾花夏樹(木村拓哉)が三ツ星レストランを目指して再起する物語。

その第1話での見どころは、フランス・パリで敢行された大掛かりなロケです。

第1弾のティザー映像では、フランスのエッフェル塔をバックに立つ尾花夏樹の姿が公開されました。クランクインはパリだったそうで、平成のドラマ制作のような華々しさを感じさせてくれますね(‘ω’)

実際の三ツ星レストランで撮影が行われ、スタッフたちの情熱により、撮影協力を得ることができたそうです。

シェフのベルナールパコーは料理人の努力と喜びをドラマで伝えることで、多くの若い世代に料理人の世界の門を叩いてほしいとコメントしています。

世界的有名レストランを貸切り、シェフからも素晴らしい撮影だったと賞賛されたということで、撮影クルーの団結が伝わって来るようです。

木村拓哉さんは、パリでのロケを行う中で思いついた新たな演出を提案したそうです。パリの最先端で流行している“あるもの”を利用したシーンが登場します、一体何を提案したのでしょうか?

第1話から見どころの多い「東京グランメゾン」、初回から目が離せませんね。

グランメゾン東京1話のロケ地はパリ!フランスの三ツ星レストランの場所は?

「グランメゾン東京」の撮影が行われたのは、本場の三つ星レストラン「L’Ambroisie(ランブロワジー)」です。

フランス・パリの4区にある高級レストランであり、なんと1986年からミシュランの三ツ星を守り続けているという由緒あるお店。奇をてらわず、丁寧で高い技術を駆使した料理を提供し続ける“正統派”のフレンチレストランです。

ベルナールパコーがシェフとオーナーを務めており、1981年に開店して翌年には一ツ星を獲得した実力のある料理人です。

パリのヴォージュ広場に面していて、周囲にはカフェやビストロが軒を連ねる、ごく普通の街角に立っているお店です。三ツ星レストランがあるとは思えない場所に、世界中からこの味を求めて人が訪れる「L’Ambroisie」があります。

だいたい1人400ユーロ、日本円にして約46000円程度で食事を楽しめるとあって、日本人からも人気のあるレストラン。

パリに軒を連ねる名高いレストランに比べると、控えめな金額のため多くの人々が集います。高い品質を保つ素材の味を、最高の技術で調理し引き立てる料理がこのお店の売りですね♪

その日に提供する素材はその日に取り寄せ、あらかじめ下ごしらえをしておくことはしないという徹底ぶり。

オーダーが入ってから、必要な分をその都度調理するというのが驚き。調理器具も現代的なものではなく、ガスオーブンといったシンプルでクラシックなものを使い続けています。

実は、そんなお店を支えるシェフたちには日本人も名を連ねており、日本との繋がりも深いレストランなのだそう。

また、東京都港区三田にあるフレンチレストラン「コートドール」斉須政雄シェフは、このお店でオーナーの右腕として三ツ星獲得を支えたことで有名なんです。

そして、現在ランブロワジーで働いている吉富力良さんが、花形の肉部門のシェフとして活躍しています(‘ω’)

国内で度重なる挫折を経験したあと、フランスに渡り、意地と努力でパテ・アンクルート世界大会での優勝を掴み取りました。

主演の木村拓哉さんは吉富さんのお話を聞き、厨房で手ほどきや指導を受けているそうで、その血はドラマへと受け継がれていくようです。

グランメゾン東京の日本でのメインロケ地を予想!三ツ星レストランはどこ?

エキストラ募集の撮影予定地を見てみると、レストラン関連の撮影は渋谷区のみなので、「グランメゾン」のシーン撮影はまだ先になる可能性が高いと考えられます。

高級ホテルで働く平古と、フリーの料理人として働く相沢、丹後の店で働く京野のことを、尾花が誘いに行くシーンの撮影がまず行われるようです。

浦安市で4度の撮影があり、ホテル内の厨房での撮影となっているようです。平古祥平(玉森裕太)はホテルのビュッフェシェフとして働いているので、その登場シーンだと思われます。

台東区では料理教室のシーンが撮影され、相沢瓶人(及川光博)の登場シーンとなりそうです。

渋谷区では高級フレンチレストランでのシーンが撮影されます。ドレスコードにふさわしい服装でのエキストラ参加が求められているので、丹後学(尾上菊之助)がシェフを務める「gaku」のロケ地の可能性があるでしょう。

グランメゾンとして営業し、三ツ星レストランを目指すお店については、詳しい情報はありません。

ツテで考えると、前述の「コートドール」がロケ地として使われるのではないかという予想もできるのですが確証はなく、今後の追加情報を待つしかありません。

グランメゾン東京のロケ地予想!東京にある7店舗がロケ地になる可能性あり

グランメゾン東京1話のロケ地はパリまとめ

クランクインがパリで行われ、L’Ambroisieという三ツ星レストランで撮影が行われたことが明かされました。

国内のロケ地についてはいまだ情報が少なくわからないことが多いです。今後の情報に期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です