グランメゾン東京の視聴率1話2話3話4話5話!木村拓哉の歴代ドラマの視聴率は?

2019年10月クールから、TBS日曜劇場「グランメゾン東京」が放送を開始しますね(‘ω’)

主演の天才シェフ役を木村拓哉が務め、相棒の女性シェフを鈴木京香さんが演じます!!

この記事ではドラマ「グランメゾン東京」の1話~最終回の視聴率について紹介します。

また、木村拓哉さんの歴代ドラマの視聴率についても触れて行きたいと思います。

『グランメゾン東京』の放送を記念して、paraviで木村拓哉さん主演のドラマ4作品が配信されることになりました(‘ω’)

 

『Beautiful Life〜ふたりでいた日々〜』(2000年)
『GOOD LUCK!!』(2003年)
『MR.BRAIN』(2009年)
『A LIFE〜愛しき人〜』(2017年)

 

『Beautiful Life〜ふたりでいた日々〜』と『GOOD LUCK!!』はが配信されるのは今回が初です♪

9月15日(日)から期間限定の配信で、いつ配信終了になるのかは私にはわからないので早めに見ておくことをおすすめします!

paraviの30日間無料お試しはこちら

グランメゾン東京の基本情報【キャストやあらすじ】

主役の天才シェフ・尾花夏樹を演じるのが、木村拓哉です。

パリに2ツ星を獲得するほどの実力のあるシェフだったのですが、慢心から招いた失敗で店をダメにしてしまいます。

店と仲間を失いどん底まで落ちた尾花が、早見倫子(鈴木京香)と出会ったことでシェフとして再出発する物語。

実力はあるものの、一癖二癖もあるスタッフたちをどう仲間に引き入れるかが序盤の見どころになりそうです。

諦めずに挫折から這い上がろうとする「尾花の人生再建」と、3ツ星を目指しての「レストラン復活」を同時に描きます。

ロケ地にはパリの実際に3ツ星を獲得したレストランが選ばれており、実際の料理の映像も見どころです!!

世界有数の美食を目で味わうことができるのが、グランメゾン東京のもう一つの魅力ですね(‘ω’)

グランメゾン東京のロケ地ガイド!フレンチレストランの撮影場所はパリ?

尾花と倫子を支える重要なキャラクターには、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、沢村一樹、及川光博、尾上菊之助らが顔を揃えます。

パリで尾花の下で働いていたシェフ・平古祥平(玉森裕太)は、日本で一流ホテルのシェフを最年少で務めるという才能溢れる若者です。

ジャニーズの中で、ドラマの主役を務めることも多い玉森裕太が、どのように木村拓哉と絡んでいくのかに注目が集まりそうです。

尾花の宿敵として登場するのが丹後学(尾上菊之助)。東京で3ツ星を獲得目前にあるレストランのシェフでもあります。

天才型の尾花に対して丹後は努力家であり、長年シェフとしてコンプレックスを抱いています。物語の重要な鍵を握る存在です。

尾花のパリ時代の同僚・相沢瓶人を及川光博が演じます。

コミュ二ケーション力に長けており、尾花と仲がよく、お互いに認め合う存在でもあります。

尾花の理解者ではあるものの、仲間としては少し引っかかりを感じているフリーの料理人という役どころ。

フランス人の妻がおり、一人娘をシングルファザーとして育てているという、ミッチーにぴったりの役柄です。

さらに尾花とともにパリの店をレストランとして育てた支配人・京野陸太郎を沢村一樹が演じます。

尾花のパリの店が失敗したあと借金を背負い、今は丹後が働くレストランでギャルソンとして働いているという複雑な役を務めます。

尾花は京野をレストランに誘いますが、割り切れない思いを持つ京野の今後が大きく展開を左右するようです。

グランメゾン東京のキャスト一覧!木村拓哉や玉森裕太など

グランメゾン東京の視聴率【1話2話3話4話5話】

グランメゾン東京の視聴率は放送前なのでまだ分かりません。

※ドラマ「グランメゾン東京」の視聴率が発表され次第、追記します。

天才役が続く木村拓哉の役柄に不安を感じる人がいるようで、視聴率を心配する声も聞こえます。

しかし、過去作に定評のあるスタッフが名を連ねており、心配ないように思えます。

出演する俳優陣も、俳優としてのイメージにぴったりの役柄が多く、サービス精神旺盛な役者さんが多いので、番宣も楽しみですね(‘ω’)

木村拓哉の歴代ドラマでグランメゾン東京の視聴率を予想!!

平成の連ドラ平均視聴率のトップ10をご存知でしょうか?「シネマトゥデイ」が報じた情報では、

1『HERO』(2001年フジテレビ、34.3%)
2『ビューティフルライフ』(2000年TBS、32.3%)
3『ラブジェネレーション』(1997年フジテレビ、30.8%)
4『GOOD LUCK!!』(2003年TBS、30.6%)
5『ロングバケーション』(1996年フジテレビ、29.6%)

なんと、木村拓哉の主演作が、上位5作品を占める結果になっています。

キムタクがドラマを席巻した時代は平成の前半に放映された作品でした。

ちなみに、最高視聴率のトップは「半沢直樹」でグランメゾン東京と同じ日曜劇場での記録でした(^^♪

過去の実力で言うと、最強の布陣といえるでしょう。

作品への思い入れがとくに強く、演出にも力を入れてこだわりを見せる俳優さんでもあります。その熱さは日曜劇場の熱さとマッチするのではないでしょうか?

映画でも木村拓哉が主演する映画は成功を収めています。

『武士の一分』(2006年)
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(2010年)
『検察側の罪人』(2018年)
『マスカレード・ホテル』(2019年)

映画での主役作の成功が続く中で、久しぶりの連ドラ主役ということで視聴率が気になるところですね。

SMAPファンにとっては、木村拓哉のシェフ役に思い入れのある方が多く、高い視聴率が期待できるという見方もあるようです。

加えてKis-My-Ft2の玉森裕太や及川光博も登場するため、熱狂的ファンからの注目が集まりそうです。

グランメゾン東京の視聴率1話2話3話4話5話まとめ

木村拓哉主演の日曜劇場ということで、新しい風が吹きそうな予感がします。

鈴木京香とのコンビということで、平成を彩ったドラマ最盛期を思い出させるようなドラマになるのではないでしょうか。

視聴率がどうなるか気になるところですが、視聴熱は高まる可能性が高いですね。

グランメゾン東京の動画1話は30日間無料見逃し配信可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です